※写真をクリックするとよんごの詳細ページに行きます。




家具工場でよく出るサイズの端材を有効利用。
シンプルに45°にカットすることで、数限りない形の組み合わせを楽しめます。

子供たちに木のぬくもりと味わい深さを感じてもらい
いろいろな形を発見する楽しさを伝えたいと思い製作しました。

そして、その『45(よんご)』を入れる箱を親子で作る事で、
親子の絆を再認識して欲しいと願っています。

                                            M. DESIGN STUDIO.
                                            エムデザインスタジオ
                                            宮崎洋+宮崎友紀子











諸富家具の端材から生まれた『よんご』。工場でカットしてもらった45°の角度の木材を私たちがペーパーをあてて
角を落とし、オイルを塗り、手作りで仕上げた積み木の『よんご』。。手作りなので多少の粗さ(?)はあるものの
ひとつひとつ大切に作りました。   
         
ワークショップに参加頂いた方にはこの『よんご』を(4ピース)1セットを差し上げます。
いろんな形を作って遊ぶのも良し、インテリアとして飾るのも良し、
『よんご』で木のぬくもりと味わい深さをお楽しみ下さい。
車庫で積み木作りをしている様子



『よんご』でいろんなカタチを作ってみよう~



45°の角度が特徴の『よんご』
45°の角度でいろんな組み合わせが楽しめます。
あっちを向いたり、こっちを向いたり…
結構むずかしいかも?


※左の写真をクリックしたら、いろんなカタチが見れます。






     

①ナチュラルな質感のクラフト紙で作った『よんご』の箱。


②ふたを開けてみると…『よんご』がぴったり入っています。


③まず、クラフト紙を折って下箱・上箱(ふた)を作ります。
 『よんご』がいい具合に収まるよう大きさを調整しながら…
 (※ここがちょっと手間なのですが…)

④色えんぴつで絵を描いたり、可愛いレースや布テープ等
  を貼って思い思いに飾り付け、自分だけの『よんご』の箱
  をつくりましょう。






佐賀市内のある幼稚園の子育てサロンにて、2012.6月 第1回『よんごワークショップ』を行いました。
和やかな雰囲気の楽しいひとときでした。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。


   
 ステキな“箱”が出来ました♪





・『よんご』は45°のカットまでは工場でしていますが、私たちが手作りで仕上げた積み木です。
 よって形の個体差や、仕上がりに多少の粗さが御座います。
 ご了承のうえ、ワークショップにご参加下さい。

・ワークショップこちらで用意する物 : 箱を作るクラフト紙、装飾用材料(布テープ、マスキングテープ、折り紙シール)
                   色えんぴつ、ひらがなハンコ等

・ワークショップに持ってくる物 : 出来た箱に飾る布テープ・マスキングテープ等はこちらでいくつか用意しますが、
                 特に貼りたい柄のテープや、お手持ちの可愛いボタン、シール等飾りたい物があれば
                 各自ご持参下さい。


※『よんごワークショップ』に関するご質問等御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
  問合せ / エムデザインスタジオ(設計事務所/担当:宮崎)
       電話:0952-65-3814
       e-mail:hiro@m-design-studio.net


Copyright © 2011 M. DESIGN STUDIO. All Rights Reserved.